2018年12月05日

マイルを使った「鉄道」九州旅行で1年の疲れをリセット!

マイルを使った「鉄道」九州旅行で1年の疲れをリセット!

ed10f850a733e21ab6595345b4c8cc00_l.jpg


みなさーん、こんにちはー!

「り・せっと」リポーターのナナミです!



ことしも残すところあとわずか。

お仕事に子育て、あれもこれもとにかくことしも一生懸命がんばりましたね。

そんな自分にご褒美のひとつやふたつあげたいところですよねー!



そこで提案!

ことしの年末は、九州旅行なんていかがでしょう。


しかも、貯めたマイルを使った鉄道旅行!


え? マイルってそんなふうに使えるのかって?



あるんです!




JALと九州旅客鉄道が共同開発した国内線特典航空券「どこかにマイル」というネーミングで、

行き先が九州内の各空港に確定したお客を対象として、
フリーきっぷをマイルで交換できるオプションサービス、「JR九州フリーきっぷ特典」。




「JR九州フリーきっぷ特典」は、九州を元気にしたいという思いで発案され、実現しました。

「北九州」、「由布院・別府」、「西九州」の3つのフリー区間の中から、お客の目的地に合わせて、在来線の特急列車および快速・普通列車に乗り降り自由なフリーきっぷに交換できるんです。


sub3.png


 

利用日(往路搭乗日の1カ月前から7日前まで)・時間帯・人数(4名まで)を選択後、
羽田・伊丹・関西空港を出発地とした4つの行き先候補の中から「どこかに」往復できる特典航空券が、1人あたり6,000マイルで交換できます。


main.jpg

JR九州フリーきっぷ特典概要
(1)サービス開始
2018年12月6日(木)11:00

(2)利用条件
「どこかにマイル」で羽田空港発、行き先が九州内の各空港(福岡、北九州、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)に確定したお客が利用可能。

(3)交換可能なきっぷ
 
@北九州フリーきっぷ


■必要マイル:2,000マイル
■有効期間:2日間
■利用座席:自由席(520円のお支払いで指定席利用可)



2019年3月に復原(予定)で、初めて駅舎で国指定の重要文化財に認定された「門司港駅」を中心とした門司港エリア、そして2017年に世界遺産に認定された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群への最寄り駅、福間駅、東郷駅などを周遊可能です。



sub1.jpg

A由布院・別府フリーきっぷ
 

■必要マイル:6,000マイル
■有効期間:3日間
■利用座席:自由席(520円のお支払いで指定席利用可)

「平成29年7月九州北部豪雨」で被災し、2018年7月に全線復旧した久大本線を走る特急「ゆふいんの森」にもご乗車可能です。「ゆふいんの森」で由布院温泉へ。特急「ソニック」で別府温泉へ、途中下車して日田や門司港へ。九州の魅力を満喫できるきっぷです。

※特急「ゆふいんの森」は全車指定席です。ご利用の場合は指定席券520円が必要です。当日指定席が満席の場合には利用できません。


sub2.jpg

B西九州フリーきっぷ

■必要マイル:6,000マイル
■有効期間:3日間
■利用座席:自由席(520円のお支払いで指定席利用可)

 九州を代表する観光地ハウステンボスや、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産のひとつ、大浦天主堂のある長崎など、今話題の観光地を楽しめるきっぷです。


posted by bambi at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | り・せっと情報