2017年10月15日

『全身TATOO&ピアスな不良中年が半身マヒになってただいま元気にリハビリ日記』♯033

『全身TATOO&ピアスな不良中年が半身マヒになってただいま元気にリハビリ日記』♯033


620770_432039110176964_1055631837_o.jpg


リハビリするひと。

白本 朋求(シラモト トモキ)
1964年10月14日大分県日田市生まれ。
建設省役員の父親の仕事の関係で、高校卒業まで九州で過ごす。
その後、2浪して法政大学経済学部に入学するも学費未納で3年で中退。
以降、様々なアルバイトに従事。新聞社、業界紙等で契約社員。出版業界紙で書籍の編集、執筆、校正等に関わる。
これらの仕事を辞め、某タレントのマネージャーを1年間勤める。
その繋がりからフィリピンでの事業に着手、独立し、フィリピンはカビテで衣料を中心とした日本製品の中古ショップを開店した。
ショップのさらなる拡大を目論み、帰国するも、脳出血で倒れ、長期入院。退院して現在、リハビリに奮闘中。


リハビリランキング



実は、過ぎし10月14日はリハビリストのオレ様の誕生日であーる。

1964年だから、え〜といくつだっけか、53歳だな。


認めたくないのか、だんだん自分の歳ってわからなくなるよね。
片麻痺ドン底中年街道まっしぐらだ。



都落ちして実家に帰って、毎年、誕生日には、お袋さんが大好きなサーロインステーキ(菊池牛?)をご馳走してくれたんだが、食べてるときは美味しくてイイけど、後で必ず腹がゆるくなる。


牛の脂なのかわからないけど、普段、魚か鶏肉で健康的な食事をしてるからと納得している。




で、誕生日の二日前、
2014年の10月12日は、人生が変わったであろうと思われる日だ。


東京・あきる野市の友人宅で、脳出血を起こして倒れた日なのだ。


左視床下部に出血37ミリ。


もうあれから3年だ。ホントに早いね〜。


N崎くん、元気かなあ?でも、あの日のことはちゃんと覚えてる。

『全身TATOO&ピアスな不良中年が半身マヒになってただいま元気にリハビリ日記』♯001




トラウマになってるのか、10月はなんとなく気分も下降気味。

本来なら誕生日月でワクワクかもだが。もうオヤジだから、そんなこともねえか(笑)。






さてさて、わたくし、'生きるために死ぬまでリハビリ、と決めて、日々邁進してると思いますが、もう3年経ってるから、あきらかに目に見えての効果ってのは、多分ないと思われる。


それでも、効果を実感できたときのヨロコビのために、時にミラクルを信じて、コツコツ、シコシコ、地味ィに続けるしかないのだ。



片麻痺で、一番やっかいなのは、麻痺の手足の「痙縮」ってヤツだ。
ケイシュクっていう。


ただ、動かなくてダラ〜ン、ブラ〜ンとなってる分にはまだイイ。

その場の環境、状況、天候、果てはココロの状態によっても、突っ張ってピ〜ンと伸びたり、その逆、ギュッ〜とちぢこまるように曲がったりするのだ。

意識することなく自然に。



手だったら、ヒジから下がカラダの前でキュ〜ッと丸まる。

手首も内側に曲がることがある。


ナンジャコリャ!とめっちゃカタイのが指。

例えばムリに開いて何かをつかませようとするのだが、グゥーを握って固まったようになって、開くのにスゲ〜苦労する。


親指も中に入っちゃうし。足は逆にツッパル。


ヒザもなかなか曲がらず、足首も伸びる。




気持ち悪いのが、やはり指。

足指でもグゥーを握るように、まるで古代中国の纏足のようになってしまう。


家の中で、装具を付けずに歩いてると、限界まで指が足裏の方に丸まってしまうことがあるのだ。

段差のところでムリヤリ指を上に曲げたときや、座ったときは元に戻るので、座って指を外側に開いたときの気持ち良さったら(笑)。


外をウォーキングするときも、たまに麻痺の右足がピンとツッパリ、まるで、中にコイルのバネか、トラックの板バネでも入ってるように、跳ね返って弾むように感じるときがある。



やはりポイントはヒザだと思う。

ヒザが曲がるかどうかなのだ。

麻痺の右足を前に出すときに、自然とヒザが曲がってるかだ。



自分でヒザを後ろに曲げられないし、まだまだ意識してヒザを曲げるようにしないとダメだ。

麻痺で若干、右下半身が落ちてるので、ヒザを曲げて歩かないと、すぐにひっかっかってしまうのだ。

それでも、しつこく意識して歩くことで必ずや効果が出てくると思う。




ヒザが曲がらないと、右足がピンと伸びたまま、前に出すことになり、そのうち、イビツに外側に固まっちゃうんじゃないかと危惧してしまう。

ブン回し歩きしかできなくなってしまう。

だから、ヒザを意識して曲げた歩き方のリハビリを取り入れてるのだ。






まあ、痙縮ってヤツは、脳からの指令がさえぎられて、まともに届かないので、
勝手に筋肉が動いてしまうのか、動かそうとするけど、電気信号が乱れまくってるのか、わからないけど、
麻痺とはいえ、まだ筋肉は生きてるし、脳も一生懸命信号を送ろうとしているから起こるのだと思う。

ということはだ。


まだまだリハビリによって改善の余地は残されてるってことだ。



希望は捨てないよ。



麻痺の手足をしつこいほど動かして、信号はここに届くんだよ〜って、教えてやらなきゃね。


痙縮をほっとくと固まって拘縮(コウシュク)になっちゃうらしいので、日常的なストレッチも欠かせない。



この痙縮対策で、筋肉に直接注射を打つ治療もあるみたいだが、なんか外から異物を入れてるようで、やりたいとは思わないなあ。

それより、しつこくしつこく、まともな方向に動かすことで、脳からの指令をつなげたいと思う。


実際に、リハビリウォーキングで、足は前ほど痙縮がひどくなくなった。

あっても、あまり苦にならない程度になってきた。

痙縮で痛みを伴う人もいるみたいだが、幸い俺はボア〜とした感じがするだけで、痛くはないし、多分痙縮自体も、キンチョーしたとき以外、そんなにひどくはないと思う。


時たま、負担のかかる手足に、あ"ーっとイライラすることもあるけどね。






退院してから今まで、元来、本好きなこともあって、脳卒中・脳梗塞やリハビリに関する書籍はけっこう目を通してきたし、
ネットをはじめとするメディアで効果があるように思われるリハビリを目にすれば積極的に取り入れてきた。

やり始めても、これはイマイチだなあと思えばすぐにやめた。


最初は病院でやってたことの延長だったが、退院してから、月に一度病院行っても1階の脳外科で降圧剤をもらうだけで、
上のリハビリ科に行って助言をもらうこともないので(俺も行って聞かないからだが…)、自分でいろいろ調べて実践してきたつもりだ。




これからも、おっ、これは!と思うリハビリを見つければ積極的にやってみるつもりだが、なんか、だんだん筋力トレーニングに近くなってきたよ。


健康な時にやってたボディビルの無酸素運動みたいに。


血圧上がるからダメなんだけど、好きなんだね〜。

だから基本は自重か、ダンベル使っても軽い重さでだ。





今、俺がやってるリハビリは…

まず朝起きたら座禅を組む。

タイマーセットして30分。動画サイトで、デルタレゾナンス、バイノウラルビートってのを流しつつ。

手はヒザに添える。
なぜ前で組まないかというと、麻痺の右手が痙縮もなく自然と右膝に乗れば、落ち着いてきたとわかるからだ。

ナントカビートは、脳の活性化に効くということで、ネットを見ると出血で壊死した細胞が元に戻ったなんて書いてあるが、もちろん、そんなことは信じられない。
ただ、単純な音の繰り返しで、ココロを落ち着けるのにはイイかなと思って。

信じるものは救われるで、俺は性格的にも、だまされやすい脳だと思うから、脳細胞が活性化するゾッって信じれば、ホントにそうなるかもだしね。


次に、顔の体操。


口をウーイーと10回くらいやって、大きく舌を出して口を開けて、口をすっぱいものでも食ったようにしぼめる。

そして、1分顔をメチャクチャにする。

とにかく限界まで動かす。

舌を上下左右、回したり、口をとがらしたり、ガアーッと開けたり。

こういう顔ヨガってのもあるらしいけど。

麻痺で落ちた右顔面のリハビリだね。




次に目の運動。

目のマッサージなんだが、両目の間、まぶたの上と下、こめかみと3秒くらい押さえる。

握りこぶしを目に当てグルグル回す。

そして、
@ 強くつぶる、A上を10秒見る、B強くつぶる、C下を10秒見る、D強くつぶる、E右を10秒見る、F強くつぶる、G左を10秒見る、H人差し指で∞を書き目で追うことを10回、⓾人差し指を目の前から奥に移動させ目で追うことを10回。


視力回復運動だ。



続いて復視のリハビリ。

眼球のストレッチだね。

顔はそのままに眼球だけを動かす。
‡@ 右を3秒見て前を見る、A右斜め上(45度)を見て前を見る、B上を3秒見て前を見る、C左斜め上を3秒見て前を見る、D左を3秒見て前を見る、E左斜め下を3秒見て前を見る、F下を3秒見て前を見る、G右斜め下を3秒見て前を見る、H右回りに眼球を3回動かし前を見る、⓾左回りに眼球を3回動かし前を見るーー。


続けて、窓枠や壁、天井の直線的なラインをなぞるように連続的に目で追う。
2分間。


目のリハビリの最後はネットで見つけた視力回復トレーニング。

点が左右に移動するので、それを目で追う。

早さによって4段階あるので各1分づつ。

二重に見えてしまう複視の回復が目的で、なかなか良くなんないんだけど、継続は力なりを信じて。


でも、確実に当初より良くなった。



最初は真向法で始まるー。

真向法のやり方はネットを見てもらうとして、この運動の開祖も脳出血で不自由なカラダとなり、お辞儀から編み出したというから親近感がわくじゃない。


まあ、ストレッチ運動だね。

ーーーと、ここまで書いて疲れた。

あとは次回に。








リハビリウォーキングで菊池を歩くF

まだあった菊池(花房)飛行場跡地シリーズッ!

教育隊の正門入口の営門と衛兵立哨所の跡。

飛行場の入口だな。

2017101317220000.jpg


営門には木の看板が掲げられ、立哨所は下のコンクリの基礎だけで上は木造だった。

ここに衛兵が多分ガマンして立ってたんだよ。

カワイソー。

2017101317220001.jpg


それにしても丈夫なコンクリだよねー。


近くに昭和16年の飛行場開隊時の記念碑がある。

2017101317300000.jpg

2017101317300001.jpg


白本朋求facebook
https://www.facebook.com/tomoki.shiramoto
GW-00043.jpg



リハビリランキング