2018年04月25日

犬派vs猫派!多いのはどっち?

【1000人に聞きました】犬派vs猫派!多いのはどっち?派閥ごとに犬と猫に対するイメージの違いもみられる

d4729-117-302548-0.jpg

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、
全国47都道府県に在住する20歳〜69歳の男女を対象に「犬と猫に関するアンケート」を実施しました。


■調査結果 (一部抜粋)

●犬と猫どちらが好きかを聞くと
「犬派」が46.9%、
「猫派」が33.6%、
「どちらでもない」が19.5%となり、犬派が最多数に。


性年代別にみると、男性は年代が上がるごとに犬派が増加し、
男女で比べると男性よりも女性の方が猫派が多い。<図1>



d4729-117-545048-1.jpg


 

図1_犬派か猫派か




●自分がどんな性格と思うかを聞くと
「人見知り」「団体行動が苦手」「インドア」「感受性が豊か」の項目で犬派よりも猫派の方が10pt以上高い結果となった。

猫は毎日外でのお散歩の必要がないことや、単独行動でマイペースな印象などが強いこともあり、
自身の性格と近いことが猫を好きになる要因の一つなのではないかということも考えられる。<図2>
 

図2_犬派・猫派別自身の性格

d4729-117-683443-2.jpg


●犬と猫それぞれのイメージでは、
犬は「人懐こい」「忠誠的」「賢い」などが強く、
猫は「気まぐれ」「自由」「わがまま」が強い。


犬派と猫派別でみると、それぞれのイメージの相違が大きいことが判明。

特に、猫の「甘えん坊」「キレイ好き」「人懐こい」のイメージ項目に対して、猫派はそう思っているが犬派はあまりそう思っていないという違いがあることがわかった。<図3>

図3_犬派・猫派別それぞれのイメージ

d4729-117-936398-3.jpg




posted by bambi at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | り・せっと情報

2018年04月21日

「ゴールデンウイークキッチンスタジアム」開催!

「ゴールデンウイークキッチンスタジアム」開催

d11841-89-822082-1.jpg


浦和ロイヤルパインズホテル(さいたま市浦和区仲町 2-5-1 総支配人:小賀 与敬)は、2018 年 5 月 3 日(木・祝)・4 日(金・祝)の 2 日間、4 階宴会場「ロイヤルクラウン」において、「ゴールデンウイークキッチンスタジアム」を開催いたします。
 


 大宴会場の中央に特設キッチンを構え、シェフ達がフォアグラやオマール海老などの食材を贅沢に使い、
目の前で仕上げる料理をはじめ、ロ−ストビーフや生ハム(ハモンセラーノ)、北京ダックのカッティングサービス、職人が握る江戸前寿司など、出来立ての豪華料理をブッフェ形式でお好きなものをお好きなだけお召し上がりいただける毎年恒例の人気イベントです。


スイートルームの宿泊券などが当たる抽選会もございます。
「見て楽しい!食べておいしい!至福の 2 日間!」を、ご家族とお仲間と贅沢にお楽しみください。




【 「ゴールデンウイーク キッチンスタジアム」開催概要 】

開催日: 2018 年5 月3 日(木・祝)・4 日(金・祝)の 2 日間 <予約制>
時間: 受付/4:30P.M.〜5:30P.M.  食事/5:00P.M.〜7:30P.M.
場所: 浦和ロイヤルパインズホテル 4 階宴会場「ロイヤルクラウン」
料金: おとな 10,500 円/こども(小学生) 4,500 円
    ロイヤルパインズクラブ会員 9,500 円 (入会金・年会費無料)
          こども(3〜6 歳) 1,500 円 ※3 歳未満は無料
           ※料金には、スペシャルブッフェ料理、フリードリンク、サービス料、税金が含まれております。

 料理内容
■冷製:蟹のカクテル うにのエスプーマ添え /  ハモンセラーノ(生ハム)のカッティングサービス
            テリーヌ各種(パテアンクルート・鰻と季節野菜のプレッセ・サーモンとポワローのテリーヌ)
           3種類のカルパッチョ / マスカルポーネムースと冷製トマトスープのアンサンブル / サラダ各種
           フランス産チーズ各種

■温製:ホテル特製ローストビーフ レフォール添え / オマール海老のベニエ 緑胡椒風味のオーロラソース
           フォアグラのポワレ トリュフソース /信玄どりとフォアグラのバロティーヌ キャベツ包み焼き
           特選牛の鉄板焼き / 帆立貝とあさりのココット レモングラス香るバターソース /北京ダック
           豚頬肉のクリーム煮 パイ包み焼き / 魚介のカネロニ グラタン仕立て / 海老のチリソース煮

■フランス地方料理コーナー:
          鴨のコンフィ / ブイヤベース / ピペラード風オムレツ / シュークルート / ニース風サラダ

■食事:握り寿司各種 / はまぐりと新蓮根のパエリア / こがしにんにくのとんこつ醤油ラーメン /
           マーボー豆腐焼きそば

■デザートほか
           フルーツ / デザート各種 / パン各種 / コーヒー・紅茶

※仕入れ状況等により、食材・メニューに変更がある場合がございます。

フリードリンク内容
スパークリングワイン / ワイン(白・赤 )/ ビール / ウイスキー / 焼酎/ ソフトドリンク

 

所在地:     埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1
開業日:   1999年(平成11年)10月7日
主要施設:  客室196室、レストラン&バー8店舗、宴会場13室、
                 チャペル、神殿、写真室、美粧室、衣裳室、駐車場、他
アクセス: JR「浦和駅」西口より徒歩7分。
                 アトレ北口Suica(PASMO)専用改札口より徒歩5分
電話番号: (048)827-1111(代表)
posted by bambi at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | り・せっと情報

2018年04月14日

『全身TATOO&ピアスな不良中年が半身マヒになってただいま元気にリハビリ日記』♯041

『全身TATOO&ピアスな不良中年が半身マヒになってただいま元気にリハビリ日記』♯041

26991907_1668286363215177_4902694082062499801_n.jpg



リハビリするひと。

白本 朋求(シラモト トモキ)
1964年10月14日大分県日田市生まれ。
建設省役員の父親の仕事の関係で、高校卒業まで九州で過ごす。
その後、2浪して法政大学経済学部に入学するも学費未納で3年で中退。
以降、様々なアルバイトに従事。新聞社、業界紙等で契約社員。出版業界紙で書籍の編集、執筆、校正等に関わる。
これらの仕事を辞め、某タレントのマネージャーを1年間勤める。
その繋がりからフィリピンでの事業に着手、独立し、フィリピンはカビテで衣料を中心とした日本製品の中古ショップを開店した。
ショップのさらなる拡大を目論み、帰国するも、脳出血で倒れ、長期入院。退院して現在、リハビリに奮闘中。



リハビリランキング



春なのに〜♩お別れですか〜♩



春は以前からキライな季節だったので、気が沈みがちです。

病院で言ったら、驚かれたけどね。



何の花粉かわからないけど、鼻水ダラダラ、グチュグチュ、くしゃみ連発の花粉症もイヤだ。

前は、こんなにひどくなかったと思うけどね〜。

何のアレルギーだろ?



ここ一ヶ月で、偶然、友人知人が数人、病気等で亡くなり、そういう時期なんだろうけど、悲しいというより、なんかスゲー虚しくて、本来、ノーテンキな俺だけど、おセンチ全開の気分になってる。


右片麻痺という「重い」障害を持ってるけど、
俺はまだまだ生きてるぞ!
生きるぞ!
明石家さんまさんで有名になった油屋熊八さんの名言、
「生きてるだけで丸儲け」が身にしみて、よ〜くわかるよね。




今は毎月一回、ちょっとした診察と降圧剤をもらいに、肥後大津の病院に通ってるんだが、先日、待合室で、入院中、同室だった人にバッタリ会った。

彼は脳梗塞で、軽い左片麻痺だったが、前より麻痺が目立っていた。

聞けば、あれから再度、脳梗塞を発症してしまい、入院しただと。


ちょっと太ってて顔に精彩がなかった。


多分、以前の生活に戻り、リハビリもあまりやってないんだろう。

確か歳はそんなに変わらないと思ったけど。人によるだろうけど、この病気は再発の可能性があるんだよね。


一回出血した箇所は、また破れることはないと思うけど、違うところで。

長年の不摂生で脳の血管がモロくなってるからね。

それに、当初はリハビリに対するモチベーションもあるが、目に見えての効果って、なかなかないから、だんだんとリハビリもやらなくなってくる。


あきらめるというか、片麻痺のカラダをしょうがないと受け入れるか、やっぱり苦しいリハビリより楽なことの方がいいからね。



まあ、仕事や通常の生活に復帰すると、リハビリに時間が十分に取れないってこともあるけど。




今更ながら、片麻痺回復のリハビリって、けっこうツラいものだ。

目に見えての効果って出にくいし、先が見えないから、時間が経つと諦めやすい。

しかも、俺なんか、施設等に行かず、完全に孤独に個人でやってるからモチベ維持が大変だ。


探したけど、ここの田舎では充実したリハビリ施設なんてないし。




相変わらず、ネットでは、いろんな情報が流れてるが、なんかプロだったら、療法士の自己満足のような気がして(なにより療法士の満面の笑みが気に食わないね 笑)、
どれも効果があるようには思えないし、カラダの使い方のコツを学ぶだけで、完全回復はありえない。


血に浸ってしまった脳細胞は決して生き返ることはないのだ。


新しく神経をつなぐと言っても、多分、多大な時間と労力を要するだろうし。


だからと言って、リハビリをやめてしまうと、神経の通ってない筋肉や腱が固まってしまい、元に戻らなくなってしまう。

だから苦しくとも続けなきゃならない。


回し車でクルクル回るネズミのように…。

それに片麻痺は健常者より、どうしても動かなくなるから、筋肉も衰えやすく、太りやすくなる。



このカラダを背負ってしまった宿命として、多分、一生リハビリは続けなきゃならない。



ああ、カタマヒよ、どこへゆく…。



暗いこと考えると、無限ループになっちゃうから止める。

俺は右半身片麻痺だけど、左右のヨコじゃなく、上下だったらどうかな?

上半身が麻痺とか、下半身が麻痺とか。


下半身だったら、車イスに乗らなきゃならないし、まだコッチの方がいいか。

とくだらないことを考えてみる。






前回、片麻痺を個性にして、イケてるハーフボディオヤジになる、なんて書いたが、リハビリスト以外のキャッチフレーズを考えてみた。

自分でオヤジっていうのもなんだかなぁだから。


脳卒中は英語でstroke(ストローク)で、脳出血はcerebral hemorrhage(セレブラル ヘモルヘッジ)、これは難しいなぁ。

ストロークマンなんて、ちょっとイケてない。


麻痺はparalysis(パラライシス)だけど、片麻痺はHemiplegia(ヘミプレジア)で、俺は右半身だから、ライト・ヘミプレジアか。

略してヘミということもあるようで、ライト・ヘミ、Rヘミってのは?


Rヘミ人間、Rヘミマン…。


両麻痺だとWヘミなんだがな。



うーむ。カタカナで書いてカタマヒとか。

実は、ハーフボディもカタマヒも、すでに使ってる人いるし。

Twitterで見た半身文筆家ってのが、カッコイイけど、
半身人間、半身男、半身マン、半身リハビリストもしくは、半分人間…。

なんかイケてるフレーズあったら、名刺などに使えるね。


ハジけて、Rヘミ・ロッキン・ボディ、Rヘミ・ロケンロール、Rヘミ・パンクorパンカー…なんてね。


まあ、いつも、こんなくだらないことを真剣に考えてるわけだ(笑)。






暖かくなってくるのは、イヤなことばかりではないよ。

まず血圧が寒い時より下がってくる。

下がってるとうれしい。

あと朝方の頻尿が治ってくる。

まあ、それだけ水を飲んでるのだが、俺の場合、寒さで膀胱が固まるというより、神経性、心因性が大きいだろうな。


精神的ストレスや不安などの心理的な要素が大きく関係して起こる頻尿のことだ。

ドクターに聞いたら、膀胱の麻痺は考えられないということだから。


寒い朝など、ホント、10〜15分に一回なんてのがあるよ。

それが外に出ると、ピタリと止んだり。

暖かくなってくるからかもしれんが。




なぜか夜中にドキドキしてイヤ〜な感じになると、スゲー頻尿になる。

そうなる原因はわからん。

多分、血圧も上がってる。


この頻尿だけでも、脳出血と片麻痺が、神経の障害であることがよくわかる。



気候や温度差、気圧の違いによっても、麻痺側のカラダが重かったり、ボアァとしたり、痺れに近いようなジンジンしたり、フラフラしたり、
それから、現実に見てる世界が、違う世界を客観的に見てるような感じになったり、様々だけど、
なんだよ、この感覚は!?と自分が自分でないような気分になるのだ。

ホントだよ。
だんだんとこういう感覚も慣れてくると思うけど、厄介なもんだ。



俺の場合、例えば、もうウォーキングは、毎日のクセみたいなものになって、天気が悪かったりして、歩けないと、脚が固まっちゃうような、イヤ〜な感じがするようになったから、ラッキーだ、と思ってる。


クルマや電車、バスを使って、市内に出ても、途中で降りて、必ず一万歩は歩く。


知らないとこなんか景色を楽しむのもイイ。


街角の、何気ない、フツーは気のつかないところにも、歴史や文化を感じたりして、ワクワクすることもあるんだよ。


確かにツラいハードなことも多いけど、基本、歩くことが楽しいのだ。

有酸素運動を意識して、ハードにウォーキングする時は、脚を壊すイメージで歩いている。


汗ダクダクになって二万歩でも、三万歩でも達成すると、ヤッタァ!と快感だ。



脳内麻薬全開だよ。


それに、筋トレみたいなリハビリを続けることで、麻痺の機能回復よりも、なりたいカラダを作る、つまりはボディビルの喜びがあるんだよね。


ネットや本、雑誌でいろいろ調べて、リハビリトレーニングのスケジュール&プランを考えるのも楽しい。


これはまだムリだなぁ、これだったらできる、とか。


できなきゃ、絶対できるようになってやる!とか。

へへへ。


さ〜て、50を過ぎたカタマヒオヤジ、どこまで行くか?


つづく







リハビリウォーキングで菊池を歩くL
もう完全に散っちゃったけど、ここ菊池の桜もキレイだったよ。

わざわざバスに乗って名所、菊池公園まで行かなくても、近所にも見所はあるんだよ。


一番イイのは、熊本電鉄菊池線の廃線跡の歩道かな。

S__269090821.jpg

S__269090822.jpg

S__269090823.jpg

S__269090825.jpg

S__269090828.jpg

S__269090826.jpg

S__269090827.jpg





桜は、昔は縁起の悪い花だったという。


キレイだけど、すぐに散るって事で。



「檸檬」の梶井基次郎の小説が元で、キレイな桜の樹の下には死体が埋まってるという都市伝説?がある。


多分、日本特有の美学の表と裏で、桜があんなに美しいのは、きっと見えない下に醜い腐った屍があるからと考えたのだろう。


醜がある事で崇高な美の不安を払拭するという日本の美に対する考え方は不思議で面白いよねー。





白本朋求facebook
https://www.facebook.com/tomoki.shiramoto
GW-00043.jpg


リハビリランキング